2008年04月15日

誰も書かない信頼できる不動産屋の探し方

いい物件を見つけるためには、必ずしも不動産屋を通す必要はありませんが、
一般的には不動産屋を通すパターンが一般的だと思います。
そういう物件選びにかかせない不動産屋さんですが、
一般メディアからの情報はほとんどが業者側から発信されたものなので
ここでは、私の経験に基づいた信頼できる不動産屋さんの探し方をご紹介します。

まず、一般的に言われるのが、以下のものです。

1.登録更新回数の多いところ
2.大手
3.行政処分履歴のないところ

1について
登録更新回数が多いところというだけで信頼できるかというと、
これがそうでもありません。
実際には、不正が表に出ないようにして儲けているから長く続けて
いられるということもあります。
それに、更新回数の多いところが、所轄の都道府県庁役人と繋がっていて
不正を行っても行政処分を免れるようになっていることもあります。
更新回数はあまり参考にはならないと心しておいてください。
ただ、売れない物件をまとめて購入して再販を専門的に扱う業者で
更新回数(1)のところはよほどのことがない限り避けた方がいいでしょう。
(再販業者のことは別途、説明の機会を設けます)

2について
まず、不動産業界において大手、中小によっての信頼度というのは
あまり期待できません。
大手であれば安心というようなことが書かれていることがありますが、
大手でも、受け取ったお金は法律で規定されていても簡単には
返しませんし、問題のある物件だと知っていても、買主にデメリットを
十分に説明せずに売ろうとします。
例えば、近隣住人の問題や今後の周辺環境の変化などもそうですし、
不動沈下しているような軟弱地盤に建った家とか、平気で薦めてきます。
私などは”誇り”などというブランド名の物件を多く出しているN不動産に
あわや不同沈下物件をつかまされるところでしたが、
契約前にプロの診断士に調べてもらったところ著しい不同沈下物件で
あることがわかり難を逃れたことがあります。
所詮、不動産屋は大手、中小問わず売ってナンボの世界なんでしょう。
大手ほど儲けを出す必要があるということも背景にはあります。

3について
実際に私が経験したところでは、3はいいかもしれませんが、
実際に都道府県庁であらかじめ調べる人はまれでしょう。
これは調べるに越したことはありませんが、あまり現実的な
業者の見極め方とは言えません。

では、何をポイントとするかです。
私の経験上、比較的信頼できる業者を探すポイントは以下のようになります。

1.物件案内してもらったりしている合間にでも、
  ”公的ローン「フラット35」などを利用することを基本と考えている”
  と言ってみましょう。
  このとき、嫌がる態度を見せる業者はまずいい業者ではないです。
  公的ローンは決済に時間がかかることと面倒な手続きが多いので
  業者側にメリットはないのです。
  しかし、買主側には安い金利で借りられるメリットは計り知れないわけ
  ですから自分たちの都合ばかり考える業者は避けた方がいいです。
  ただ、物件を案内している人は嫌がる態度を見せなくても、
  契約やローンを社内で担当している人の様子を見る必要があります。

2.ローン特約条件に「フラット35」では契約できないと
  ウソをつく業者がときどきいます。
  審査の期間が長いから先に銀行ローンを申し込む必要があるなどと
  言ってくるパターンです。
  とりあえず、自社の提携先銀行を強引に薦めてくる会社はアウトです。

3.不動産屋にはいろいろなタイプの会社がありますが、
  契約時以外は自社社員ではなく契約社員に物件案内などをさせて
  歩合制でやっているところがあります。
  こういうところは比較的まずいところが多いです。
  大抵、1または2に当てはまる業者であることが多いです。
  
4.信頼できる設計事務所、工務店を先に探して、そこで紹介してもらう
  と比較的いい業者である場合がある。
  (信頼できる設計事務所、工務店の探し方は別途、機会を設けます)

5.個人でやっている不動産屋は見極めやすい。いいところも多い。
  なぜなら、その人だけチェックしておけば儲け主義の度合いがわかるからです。

6.自社の司法書士などを契約時に使わせようとしている業者は要注意。
  司法書士と不動産屋が組めば、どんなに悪いこともできてしまいます。
  物件案内してもらう際にでも、
  ”契約の際には指定された司法書士を使わないといけないとかありますか?”
  とそれとなく聞いておくとよいでしょう。
  できるだけ、自分で選んで自分で申し込んだ銀行などのお抱えの
  司法書士を使うことをお勧めします。
  一番いいのは、自分で登記することです。法務局でもいろいろと教えてくれるので

  トライしてみることをお勧めします。数万円の費用がかからずに済みますし、
  だまされることがありませんから安心です。

7.建築条件無しの土地を買ってこだわりの家を建てたいと思っている人は
  少なくないでしょう。
  ときどき、悪質な不動産屋では
  「土地だけでは銀行の融資が出ないので、現金がなければ建築条件無しの土地は買えない」
  などと平気でウソをついて、自社の建売物件や建築条件付きの物件を薦めてくる業者
  があります。
  (ガラズ張りで物件資料を外から見えるようにして展開している業者も、その1つです)
  銀行は通常、一定期間(例えば2年)以内に自分が住む住居を建築することを前提にして
  ローンを組めるところが多いです。専攻して土地のみ契約でもローンは組めるんです。
  このようなウソをつく会社は最悪です。避けましょう。

8.仲介手数料半額などという会社の場合、普通、なにか怪しいものを感じるでしょう。

  しかし、これはデメリットにはなりません。
  営業として不利な状況(テレビCMしていない、事務所が駅前でないなど)
  であるので、少しでも客を取る努力をしているだけです。
  仲介手数料は巨額(100万円を超えることがほとんどでしょう)ですから
  積極的に検討した方がいい業者だと言えます。
  インターネットで探すとときどき出てきますのでチェックしておきましょう。
  ただ、上のようないろいろな業者の見極めは必要です。

9.仲介手数料の支払いの時期を聞く。
  仲介手数料を契約時に全額要求する会社はまずアウトです。
  最近は契約時に半金、決済時に半金が多いようですが、
  決済時に全額でもいいという業者は○です。

10.建築と不動産屋の両方の経営をしているところは避けた方がいい。
   こういうところではいい建物は建たないでしょう。
   大抵の場合、儲け主義だけでいい家を建てたいという発想はないと思います。

11.まったく個人的な経験ですが、中規模以上の業者では
   Sだけが悪い印象がない。
   (実際には被害を受けた人もいるかもしれませんが。。。)

12.建物ではなく土地のみ扱っている不動産屋は○の可能性大。
   これは儲けが少ない土地のみの扱いでも、いい家を建てて欲しいと
   思う気概が感じられるからです。

結論からいくと、殆どの業者はアウトでしょう。
しかし、いろいろな業者の人と話しをしているとだんだんわかってくると思います。
がんばってください。

ランキング応援よろしくお願いします。ねこマーク

人気blogRanking(オレンジ).gif 人気blogランキング
にほんブログ村 住まいブログへ
ブログパーツ
posted by 初夏のレモネード at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな業者に注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。