2008年05月08日

不動産契約時の注意点…司法書士は業者指定でないところで

不動産の売買契約には登記を行う必要がありますが、
その登記を代理で行うことになるのが司法書士です。
この司法書士を使わずに自分で登記するのが本来原則であるのですが、
実際には代理人として司法書士が代行して手続きするのが一般的です。

最近はここでも、いろいろなワナがあります。
それは、売主または不動産屋指定の司法書士を使うことが条件となっている
物件があることです。
物件資料にそのように明記されていたり、売買契約書のコピーを契約前に
もらったときに初めてその条件がわかったりなどです。
業者側はあまり話題にしませんが、これには意味があるのです。
1つは、売主の建売業者や不動産屋との癒着で司法書士からのキックバックが
あることです。
良心的に考えれば、手続きが円滑に行えるようにということも考えられますが、
そうであれば何も指定までする必要はないでしょう。
また、司法書士と売主や不動産屋が組めばどんな悪いこともできます。
偽造登記をして、実際には登記せずに自分の不動産とならない場合など
いろいろな危険な要素をはらんでいます。

対抗策としては売買のときの条件で値引きと一緒に、司法書士や
土地家屋調査士は自分で選べるという条件を出しておくことです。
売主や不動産屋は売れてナンボの世界です。
実際には少額の司法書士との関係などなくても契約が優先なのです。
大抵の買主が何も言わないからそのまま指定通りの司法書士を使って
少しでも儲けようとしているのです。
不当に高い手数料を請求されるのがオチです。

登記は本来自分でやるものですし、自分でできます。
特に表示登記はそうです。(これは土地建物調査士)
法務局の係りの方は素人に優しく教えてくれます。
あらかじめその手の本を購入して勉強すれば大丈夫でしょう。
なにせ、約20万円の節約になるのですから
がんばって自分がやるのがお勧めです。

ピッタリの税理士お探し隊!もっと近く・安く・年齢で無料で探せる!
司法書士も探せます。

ランキング応援よろしくお願いします。ねこマーク

人気blogRanking(オレンジ).gif 人気blogランキング
にほんブログ村 住まいブログへ【ブログの殿堂】
ブログパーツ
posted by 初夏のレモネード at 12:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 売買契約時の注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、僕もブログを運営していて今少し行き詰った状態なので今後の参考の為に記事を拝見させて頂きました。今レイアウトの事で悩んでる最中だったんですが…こうしてサイトを拝見させて頂いて大変参考になりました。ランキングの応援致しますねwもし良かったら今度僕が運営するブログにもぜひ遊びに来て下さい、よろしくお願いします。
Posted by アメリカ留学 at 2008年05月13日 12:44
初めまして、僕もブログを運営していて今少し行き詰った状態なので今後の参考の為に記事を拝見させて頂きました。今レイアウトの事で悩んでる最中だったんですが…こうしてサイトを拝見させて頂いて大変参考になりました。ランキングの応援致しますねwもし良かったら今度僕が運営するブログにもぜひ遊びに来て下さい、よろしくお願いします
Posted by アメリカ留学 at 2008年05月15日 14:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。